【初心者の備忘録】Googleアドセンスの確定申告の書き方

Googleアドセンスの確定申告の書き方 ブログ運営

Googleアドセンスの収益確定日など確定申告について理解したので、メモしました。白色申告で雑所得にする人向けです。

せっかく理解しても、すぐ忘れるので…。

色々調べてたら「アドセンスは確定が必要かどうか?」をメインに書いてあるサイトが多かったのです。

雑収入が20万を超えているので確定申告が必要なのはわかっているのですが、「その方法が簡潔にわかる」サイトに出会えず時間がかかってしまったので、そんな人の参考になれば的なメモです。

 

スポンサーリンク

Googleアドセンスの収益確定日

まずはアドセンスの収益確定日を確認。

1 か月を通して見積もり収益額が集計され、翌月の初めに収益額が確定すると、[取引] ページの残高に反映されます。

たとえば、6 月中に集計された見積もり収益額については、7 月 3 日までに 6 月 1 日~30 日の確定総収益額を [取引] ページから確認できるようになります。6 月分の収益額とその他の残金は 7 月 21 日前後にまとめて支払われます。

お支払いスケジュール - AdSense ヘルプより引用

アフィリエイトなどの収入は、報酬が確定した日を基準に作成します

つまり、

昨年1月1日~12月31日に確定した額

=一昨年の12月1日~昨年の11月30日の収益額

=今年確定申告する分

ですね。(まとめたつもりが、ややこしいかも…)

 

Googleアドセンスの収入確認方法

収益を調べる期間が分かったら、実際にアドセンスで確認。

 

Googleアドセンス 収入確認

 

Googleアドセンスの管理画面左メニューの「①お支払い」をクリックし、ご利用履歴の「②ご利用履歴を確認する」をクリックします。

 

Googleアドセンス 収益確認

ここで右上の項目で以下の通りに進めます。

  1. 収益」を選択する
  2. 期間を指定」を選択し、一昨年12/01~昨年11/30(2019年に申告するなら、2017/12/01~2018/11/30)と入力する

 

Googleアドセンス 収益確認

表示されたデータの集計期間が合っているか確認したら、右側の印刷ボタンをクリックして印刷(または保存)します。これは提出しませんが、7年間取っておきます。

印刷したら、金額を全て足し算します。(↓私は昨年途中から始めたので、途中の月からになってます。)

Googleアドセンス 収益

無効なトラフィック - コンテンツ向け AdSense」(マイナスの金額)がある場合は、これを収益から引いて計算します。

これで昨年の確定額が計算できました!

 

申告書を作成

データを用意したら申告書を作成します。白色申告の雑所得は帳簿義務の対象外なので、帳簿はつけません。

 

その他 雑所得」の欄に入力します。

  • 種目:「広告収入」(アフィリエイトは広告収入でOKだそうです。)
  • 支払者:グーグル株式会社(住所を入力する必要する場合は:東京都港区六本木6丁目10番1号)
  • 収入金額:先ほど合計した金額
  • 必要経費:あれば入力

 

※やよいのオンラインで雑(その他)所得のページを開く手順

やよい 確定申告 雑(その他)所得

左メニューの「確定申告」>Step3確定申告書の作成「開始」をクリックする(Step3までを記入しておく必要があります。)

 

やよい 確定申告 雑(その他)所得

少し下にスクロールすると「その他 雑所得」があるので、「はい」にチェックして進める。

 

やよい 確定申告 雑(その他)所得

ここで、収入を得ている箇所を選択できます。

これで終わりです。

その他ASPなどの収入もあれば同様に入力していきます。

 

タイトルとURLをコピーしました