簡単設定!Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法

簡単設定!Googleアナリティクスで自分のアクセスを除外する方法 ブログ運営
Google Analytics(グーグルアナリティクス)で自分パソコンからのアクセスをカウントされないようにしたい!

Googleアナリティクスはデフォルトのまま使用していると、自分のアクセスもカウントされています。

これだと実際にはどれだけアクセスがあるのかを正確に確認できません。特に最初のうちはアクセスがあってもほとんど自分だったりしますよね。

なので、自分のアクセスを除外する方法を紹介します。

  1. Chromeの拡張機能で簡単に除外する方法
  2. IPアドレスで除外する方法

この2種類の方法を紹介するので、自分のパソコンの使用環境にあった方法で設定してみて下さい。

 

スポンサーリンク

Chromeの拡張機能で簡単に除外する方法

Google Analytics オプトアウト アドオン

1つ目は、Google Analytics オプトアウト アドオンというGoogle公式のChromeの拡張機能を使った方法です。

このツールで設定するとインターネットのアクセス環境関係なく、設定したブラウザを使えば全てアクセスが除外されます

このツールを使うポイントは以下の通り。

メリット設定がとても簡単・IPアドレスが変わっても問題ない
デメリット同じパソコンを使っていても別ブラウザからアクセスすると、カウントされてしまう

個人でサイトを運営していて、別ブラウザを使用しないのであればこの設定をしておけば基本的にOKです。複数のブラウザを使う場合も、ブラウザごとに導入すればアクセスは除外されます。

外でも家でも自分のサイト確認する人にもおすすめの方法だよ!

設定方法はとっても簡単です。

Google Analytics オプトアウト アドオン インストール

Google Analytics オプトアウト アドオンにアクセスします。「Chromeに追加」をクリックします。

 

Google Analytics オプトアウト アドオンの追加

オプトアウト アドオンを追加するか聞かれるので「拡張機能を追加」をクリックします。

 

Google Analytics オプトアウト アドオンの追加

すると右上にオプトアウト アドオンが追加されます。これだけで完了です!

インストールするだけで、自動的に作動してくれるので特に設定などは不要です。

 

Googleアナリティクス リアルタイムユーザー

自分のページにアクセスしつつGoogleアナリティクスを確認してみても、アクティブユーザーが「0」になっているのでOKです!

もしアクティブユーザーがいる場合は、どのページを閲覧しているか、URLが表示されるので、そこで確認しましょう。

自分がアクセスしているページと違うページのURLが表示されていたら、他のユーザーが見てるだけなので問題なしです。

 

IPアドレスで除外する方法

パソコン インターネット

2つ目は自分の使用している「IPアドレス」のカウントを除外する方法です。

IPアドレスとは、インターネット上に接続された機器がそれぞれ持っているアドレスのことです。

この方法だと、IPアドレスを使用するブラウザに関係なくアクセスを除外できます。つまり同じWi-Fiを使っていれば、パソコンだけでなく、スマホやタブレットのアクセスも除外することができます

このツールを使うポイントは以下の通り。

メリットChrome以外のブラウザ(Internet Explorerなど)を使っている人も使える
デメリット
同じパソコンからのアクセスでも、別環境のWi-Fiなどを使った場合のアクセスがカウントされてしまう
いつも同じWi-Fi環境でサイトにアクセスする人におすすめの設定だよ!

こちらも設定は簡単です。

アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】

まずは自分の使用しているIPアドレスを確認します。アクセス情報【使用中のIPアドレス確認】にアクセスすると使用しているIPアドレスが表示されるので、このページを開いたままにしておきましょう。

 

Googleアナリティクス ホーム画面

 

別タブからGoogleアナリティクスにアクセスし、トップページの左メニューにある「管理」をクリックします。

 

Googleアナリティクス フィルター

右の方にある「フィルタ」をクリックします。

 

Googleアナリティクス フィルタの追加

左上の「+フィルタを追加」をクリックします。

 

Googleアナリティクス フィルタの設定

するとフィルタ情報の入力画面になります。

  1. フィルタ名:自分でわかるような名前を設定すればOKです
  2. フィルタの種類:左から「除外」「IPアドレスからのトラフィック」「等しい」を選択します
  3. IPアドレス:先ほど確認した自分のIPアドレスを入力します

全て入力したら「保存」をクリックします。

これで、設定したIPアドレスからのアクセスは除外されるようになります。

設定が反映されるのには数分ほどかかる場合があります。

 

どちらも簡単にできる設定なので、気付いたら早めにやっておくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました