WordPressが重い時にも!WP-Optimizeの使い方を紹介します

WordPressが重い時にも! WP-Optimizeの 使い方を紹介WordPressの使い方
ワードプレスのサイトが最近遅いんだけど、どうしたらいいのかな?

という人におすすめのプラグイン「WP-Optimize」の使い方を紹介します。

このプラグインはWordPressデータベースを最適化し、不要なものを削除できるので、重い時の対策の1つになるかと思います。簡単に使えるので初心者にもおすすめです!

 

スポンサーリンク

WP-Optimizeとは

WP-Optimize

「WP-Optimize」とは、WordPressのデータベースの不要なものを削除し、最適化ができるプラグインです。

設定をしておけば自動で定期的にクリーンアップもしてくれます。しかも設定も簡単で使いやすいところもポイントです。

WordPressはそのままにしておくと、どんどん余分なデータが増えていき、サイトが重くなる原因になります。その余分なデータを削除してくれるのが、このプラグイン「WP-Optimize」です。

WordPressが重いなと感じた時にWP-Optimizeを使うと、軽くすることができます。(これだけで完璧に早くなるわけではないですが、1つの対策になります。)

まだ重いと感じていない人も、余計なデータは削除しておくに越したことはないので、このプラグインでWordPressをクリーンアップしておくのがおすすめ!

ちなみに有料版のPremiumがありますが、無料版で使える機能で十分なので無料版を使っていきます。

 

WP-Optimizeの使い方

WP-Optimizeのインストール

WordPress プラグイン 追加

まずはプラグインをインストールしていきます。WordPressの管理画面から「プラグイン>新規追加」をクリックします。

 

WP-Optimize インストール

右上の検索ボックスに「WP-Optimize」と入力すると、同じ名前のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

 

WP-Optimize 有効化

インストールが完了するとボタンが「有効化」に変わるので、これをクリックします。

 

WP-Optimizeの手動クリーンアップ設定

クリーンアップする前に:これらのデータは、1回削除したら戻せないので注意して下さい

プラグインWP-Optimize設定

インストールが完了すると、サイドバーに「WP-Optimize」が表示されるのでクリックすると、このようなページが開きます。

 

WP-Optimize 手動設定

ここでクリーンアップ(削除)したい項目にチェックを入れます。

それぞれの好みで設定してOKですが、上の画像ののような感じでよいかと思います。「未承認コメントの削除」はチェックを外しておきました。

簡単に訳してみると、以下のようになります。

  • Clean all auto-draft posts:自動保存された投稿
  • Clean all trashed posts:ゴミ箱の投稿
  • Remove spam and trashed comments:スパムコメント・ゴミ箱のコメント
リビジョンとは、記事を更新するたびにバックアップを取ってくれる機能の事です。詳しくはプラグインですごく簡単!WordPressのリビジョンを削除する方法で紹介しています。

チェックを入れ終わったら上の「Run all selected optimizations」をクリックすると、その項目の削除(クリーンアップ)が行われます。

 

WP-Optimize 手動設定

チェックを入れなかった項目を個別で削除したい時は、右側の「最適化」をクリックするとその項目だけ削除ができます。

 

WP-Optimizeの自動クリーンアップ設定

手動だと忘れることもあるので、自動クリーンアップ設定をしておくのがおすすめです!

WP-Optimize 自動クリーン設定

上の「設定」タブを開くと、自動クリーンアップの設定ができます。

こちらもそれぞれの好みで設定してOKです。私は上の画像のような感じで設定しました。

  1. デフォルトの「2週間」のまま、チェックを入れる:直近2週間分のデータは残り、それより古いデータがクリーンアップされます。
  2. 「Enable scheduled clean-up and optimization (Beta feature)」:チェックを入れると、指定したスケジュールでクリーンアップしてくれます。
  3. スケジュールは「毎週」、他は手動での設定と同じように未承認コメントの削除だけチェックを外しました。

これで最後に「設定を保存」をクリックすると、自動クリーンアップの設定が完了です。

 

テーブル情報とは

WP-Optimize テーブルデータ

「テーブル情報」タブは、特に設定などすることは何もありません。データサイズを確認できるようになっています。

データベースの各テーブルごとに、どれくらいデータを減らせるかを表示してくれます。

赤文字になっている「オーバーヘッド」という項目の部分が、どれくらいデータを減らせるかを表しているよ。

以上がWP-Optimizeの使い方です。

基本は自動クリーンアップで削除しつつ、自動クリーンアップで設定していないものは自分で確認しつつ手動で削除するのがいいかと思います。

 

画像のデータの大きさを見直したい場合は手間なく画像圧縮!Compress JPEG & PNG imagesの使い方も参考にどうぞ。

タイトルとURLをコピーしました