これなら簡単!UpdraftPlusでDropboxにバックアップする方法

UpdraftPlusで Dropboxに バックアップする方法 WordPressの使い方
ワードプレス初心者でも、簡単にバックアップできる方法を教えてほしい!

という人向けに、「UpdraftPlus」というプラグインを使い、外部ストレージの「Dropbox」にバックアップする方法を紹介します。

サーバー内だけのバックアップだと、もしサーバーがダメになってしまったら意味がなくなってしまいますよね。

サーバーがダメになっても大丈夫なように、外部にバックアップもしておきましょう。

 

スポンサーリンク

プラグイン「UpdraftPlus」を使うべき理由

今すぐDropboxにバックアップしたい!という人は、次の項目準備:Dropboxに登録するに進んで下さい。

 

updraftplus

「UpdraftPlus」とは、WordPressのデータを、無料でバックアップできるプラグインです。

UpdraftPlusは手動バックアップ・自動バックアップのどちらもできます。

自動バックアップを1回設定しておけば、基本的には放置で大丈夫なので、とても便利です。

そして、数あるバックアッププラグインの中から「UpdraftPlus」を使う理由は、以下の3つです。

  • 初心者でも使いやすい
  • 無料で丸ごとバックアップできる
  • 簡単に外部サービスにバックアップできる

 

初心者でも使いやすい

「UpdraftPlus」の1番のポイントは、FTPソフトを使用せずに簡単に復元できるところです。

他のバックアッププラグインだと、復元するのにFTPソフトを使用する必要があり、WordPress初心者にはハードルが高く感じられます。

しかし「UpdraftPlus」はFTPソフトを使用せずにとても簡単に復元できるので、初心者にもおすすめのバックアッププラグインです。

FTPとか書かれているだけで拒絶反応が起こる…なんて人でも大丈夫!

 

無料で丸ごとバックアップできる

しかもこのプラグインは、無料でWordPressのサイトを丸ごとバックアップできるのもポイント。

  1. サーバー上のファイルのデータ(画像、テーマ、プラグインなど)
  2. データベース上のデータ(記事、カテゴリ、コメントなど)

↑この2つのデータをバックアップしていきます。これがバックアップできれば、サイトが復元できます。

2つともバックアップしようとすると有料になってしまうプラグインもあるのですが、これは無料で使えます。

 

簡単に外部サービスにバックアップできる

バックアップは同じサーバー内にすると、サーバーがダメになったら終わりです。なので、別のところにしたバックアップする方がいいです。

「UpdraftPlus」は外部のサービスにバックアップを取るのも簡単にできます。

ということで、今回はDropbox(オンラインストレージ)にバックアップを取っていきます。

 

準備:Dropboxに登録する

バックアップするデータを保存するために、まずはDropboxに登録します。

すでに登録している場合は、DropboxにログインだけしておけばOKです。ログインしたら次の項目Dropboxにバックアップするに進んで下さい。

 

Dropbox トップページ

Dropboxにアクセスし、名前・メールアドレス・パスワードを入力したら「登録する」をクリックします。

Googleのアカウントがあれば、こちらを使うと楽なので「Googleでログイン」から進みましょう。

 

Dropbox ログイン完了

ログインしてこの画面が開いたらOKです。

このページは開いたままにして、別のタブからWordPressの管理画面にログインします。

 

Dropboxにバックアップする

UpdraftPlusのインストール

まずはプラグインをインストールしていきます。

WordPress プラグイン 追加

WordPressの管理画面から「プラグイン>新規追加」をクリックします。

 

WordPress UpdraftPlusのインストール

右上の検索ボックスに「UpdraftPlus」と入力すると、その名前のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

 

WordPress UpdraftPlusの有効化

インストールが終わるとボタンが「有効化」に変わるのでクリックします。

 

Dropboxとの連携

WordPress UpdraftPlusの設定

有効化するとプラグイン一覧の画面になるので、UpdraftPlusの「設定」をクリックします。

 

WordPress UpdraftPlusの設定

ここからバックアップの設定ができます。まずは上の「設定」タブを開きましょう。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxの設定

すると保存先に「Dropbox」があるので選択します。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxへ自動でバックアップ

選択したらページの一番下の「変更を保存」をクリックします。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxの認証

するとDropboxとの認証に進む案内が表示されるので、真ん中のリンクをクリックします。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxの認証

このような画面が開き、UpdraftPlusがDropboxと連携しようとするので「許可」をクリックします。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxの認証

下に表示される「Complete setup」をクリックすると、Dropboxの認証が完了です。

認証完了=連携完了なので、次は実際にDropboxにバックアップしていきます。

 

手動でバックアップする方法

まずは「手動」でバックアップする方法から紹介します。今すぐバックアップしたい時などは、これを使ってください。

WordPress UpdraftPlus Dropboxへバックアップ

認証が完了するとWordPressの画面に戻るので、右側の「今すぐバックアップ」をクリックします。

 

updraftplus 手動バックアップ設定

チェック項目が表示されますが、デフォルトのままでOKです。よければ下の「今すぐバックアップ」をクリックしましょう。

一応、意味は以下の通りです。

  • Include your database in the backup:データベース上のデータを含める
  • Include your files in the backup:ファイルのデータを含める
  • このバックアップをリモートストレージに送信:Dropboxに送信

上2つにチェックを入れておくとサーバー上のファイルのデータ・データベース上のデータのどちらもバックアップできます。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxへバックアップ

するとバックアップが始まります。時間かかるので、少し経ってから確認してみます。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxへバックアップ

バックアップが終わるとこのように表示されます。「閉じる」をクリックしましょう。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxへバックアップ

ページを下にスクロールして、バックアップした記録が表示されているので確認します。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxへバックアップ

Dropboxにバックアップが取れているかも、実際に確認してしておきましょう。ファイル名にバックアップした日時が表示されています。

 

updraftplusのドロップボックスでの保存先

「アプリ>UpdraftPlus.Com」というフォルダが自動で作成され、その中に保存されています。

これでバックアップの完了です!

 

自動でバックアップする方法

先程は手動でバックアップしたので、次は自動でバックアップする手順を紹介します。普段は自動バックアップしておくのがおすすめです。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxへ自動でバックアップ

「設定」タブを開いた上の欄で、自動バックアップの設定ができます。バックアップ間隔は迷った以下の設定がおすすめです。

  • ファイルのデータ:データが重めなので「1週間ごと
  • データベースのデータ:データが重めなので「1日ごと

「この多くのスケジュールされたバックアップを保持」はとっておくデータの数です。どちらも「10」で設定しました。

 

updraftplus 自動バックアップ設定

「バックアップするファイル」の項目は、全てチェックを入れたままでOKです。

 

WordPress UpdraftPlus Dropboxへ自動でバックアップ

これでページ下の「変更を保存」をクリックすれば、自動でバックアップの設定が完了です。

 

バックアップを復元する方法

バックアップを復元すると、バックアップを取った時点までのデータに戻ります。バックアップを取った後に書いた記事や変更した設定は消えてしまうので、試しにバックアップしてみる際は注意してください!

WordPress UpdraftPlus バックアップの復元方法

「Backup/Restore」タブを開きます。

ページの下にバックアップ済のデータが表示されるので、復元したいデータの「復元」をクリックします。

 

WordPress UpdraftPlus バックアップの復元方法

全ての項目にチェックを入れて「復元」をクリックすれば復元ができます。

これだけで復元できて、とっても簡単!

以上が「UpdraftPlus」でDropboxにバックアップを取る方法です。

データが消えた後から後悔しても遅いので、万が一のために自分でもバックアップは取っておきましょう!

タイトルとURLをコピーしました