ヘテムルでWordPressを常時SSL化(リダイレクト設定)する方法

ヘテムルでWordPressを常時SSL化(リダイレクト設定)する方法WordPressの始め方
ヘテムルで作成したWordPressサイトを、SSL化する手順を教えてほしい!

という人向けに、ヘテムルで無料独自SSLを設定して、常時SSL化する方法を紹介します。

常時SSL化は必ずやっておきたい設定なので、WordPressを始めたら最初のうちに済ませておきましょう。

 

スポンサーリンク

SSL化について

SSL化とは

SSL化されhttps://から始まるサイト

SSL化(=独自SSL設定)とは、簡単にいうとURLの先頭を「http://→https://」にして、パソコンとサーバ間での通信データを暗号化してやりとりすることです。

 

WordPress SSL化されていない状態

SSL設定をしていないサイトのURLは「http://」となり、Googleから「保護されていない通信」というメッセージが表示されてしまいます。

セキュリティとしても、今やサイトを運営するなら必須です。

読者のを不安にさせてしまったり、Googleからの評価も下がってしまう可能性があるので、SSL化は最初にやっておきましょう。

 

常時SSL化とは

常時SSL化とは、サイト全体をSSL化させることです。

SSL化しただけだと「http://~」でアクセスされたら「http://~」でサイトが表示されてしまう状態です。

なので、「http://~」でアクセスされた時も、自動的に「https://~」のURLへ転送されるようにリダイレクト設定をすることで常時SSL化できます。

今回はこの「常時SSL化(=リダイレクト設定)」まで行っていきます。

 

SSL設定をする

ヘテムル トップページ

まずはヘテムルトップページにアクセスし、右上メニューの「ログイン>コントロールパネル」をクリックします。

 

ヘテムル コントロールパネルへのログイン

ヘテムルID・パスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

 

ヘテムル ログイントップ

コントロールパネルにログインできたら「独自ドメイン設定」をクリックします。

 

ヘテムル 無料独自SSL設定

ドメイン一覧の中から、今回設定するドメインの「詳細を見る」をクリックします。

 

ヘテムル 無料独自SSL設定

ドメイン詳細が開いたら「設定変更」をクリックします。

 

ヘテムル 無料独自SSL設定

独自SSLの項目の「無料独自SSLを設定する」にチェックを入れて、「変更をする」をクリックします。

 

ヘテムル 無料独自SSL設定

確認画面が表示されるので「OK」をクリックします。

 

ヘテムル 無料独自SSL設定

最初が「SSL設定中」とオレンジで表示されますが、少し時間が経ってから確認すると「無料SSL」と緑色の表示に変わります。これでSSL化が完了です。

 

常時SSL化(リダイレクト設定)する

次はワードプレスで設定をしていきます。

 

WordPress プラグイン 追加

ワードプレスの管理画面にログインしたら、左メニューの「プラグイン>新規追加」をクリックします。

 

ワードプレス Really Simple SSLのインストール

右上の検索ボックスに「Really Simple SSL」と入力すると、その名前のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

 

ワードプレス Really Simple SSLの有効化

インストールが完了するとボタンが「有効化」に変わるので、これをクリックします。

 

ワードプレス Really Simple SSLの有効化

この画面が開いたら「はい、SSLを有効化します」をクリックします。これで常時SSL化の設定が完了です。

設定が完了すると強制的にログアウトされますが、もう一度ログインし直せば大丈夫です。

 

常時SSL化できているか確認する

設定が完了したら、常時SSL化(リダイレクト設定)ができているか実際に確認してみます。

 

リダイレクト設定の確認

ブラウザの上の検索窓に「http://」を付けた自分のドメインを入れて「Enter」を押します。

 

リダイレクト設定の確認

すると自動で「https://」から始まるページが表示されるはずです。このように表示されれば、常時SSL化の設定ができています。

 

以上で常時SSL化の設定が完了です。

SSL化以外のWordPress初期設定はWordPressインストール後にやるべき初期設定で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました