簡単!ロリポップで独自SSLを導入し、常時SSL化設定する方法

簡単! ロリポップで独自SSL設定し、 リダイレクトさせる方法 WordPressの始め方
ロリポップでワードプレスのインストールが完了したから、SSL化の設定手順を教えてほしい!

という人のために、LOLIPOP!(ロリポップ!)とWordPressで独自SSLを設定し、常時SSL化(リダイレクト)させる方法を紹介します。

SSLの設定は、読者のためにもGoogleのためにもやっておくべき設定なので、早めにやっておきましょう。

 

スポンサーリンク

SSL化について

SSL化とは

SSL化されhttps://から始まるサイト

SSL化(=独自SSL設定)とは、URLの先頭を「http://」から「https://」にして、インターネット上での通信データを暗号化してやりとりすることです。

セキュリティとして、今や必須となっています。

  • SSL化していないサイトのURL:「http://~」
  • SSL化しているサイトのURL:「https://~」

というように表示されます。

 

WordPress SSL化されていない状態

SSL設定をしていないサイトのURLは「http://」となり、Googleから「保護されていない通信」というメッセージが表示されてしまいます。

SSL化されていないサイトは、

  • 読者からの安心感を損なう
  • Googleからの評価が下がる
  • 文字通り、サイトの通信が暗号化されていない

などのデメリットがあるので、WordPressサイトを始めたら最初に設定しておくのがおすすめです。

 

常時SSL化とは

常時SSL化とは、サイト全体をSSL化させることです。

SSL化しただけだと「http://~」でアクセスされたら「http://~」でサイトが表示されてしまう状態です。

なので、「http://~」でアクセスされた時も、自動的に「https://~」のURLへ転送されるようにリダイレクト設定をすることで常時SSL化できます。

この記事では、SSL化→常時SSL化の順番に両方とも設定していきます。

何だかよくわからなくても、手順通り設定していけば大丈夫です!

ロリポップでSSL化(=独自SSL設定)をする

ロリポップ ログイン

まずはロリポップのトップページにアクセスし、右上の「ログイン」をクリックし「ユーザー専用ページ」に進みます。

 

ロリポップ!独自SSL設定

ユーザー専用ページにログインできたら、左メニューの「セキュリティ>独自SSL証明書導入」をクリックします。

 

ロリポップ!独自SSL設定

設定ページが開いたら「無料独自SSLを設定する」をクリックします。有料のPROがありますが、個人でブログを運営する分には無料の方で十分です。

 

ロリポップ!独自SSL設定

この画面になったら、SSL化するドメインにチェックを入れ(www.が付いている方もチェックを入れます。)、右の「独自SSL(無料)を設定する」をクリックします。

 

ロリポップ!独自SSL設定中

すると「SSL設定作業中」と表示されます。これには少し時間がかかります。他の作業などして、少し経ってから戻ってくるのがいいかと思います。

 

ロリポップ!独自SSL設定確認

時間をおいてから。右上の「SSLで保護されているドメイン」を開き、このように「該当する独自ドメインがありません」と表示されている状態だと、まだ作業中です。

もう少し待ってみましょう。

 

ロリポップ!独自SSL設定完了

時間をおいて確認した時「SSLで保護されているドメイン」の中に、設定したドメインが入っていれば、設定は完了です!

 

常時SSL化(リダイレクト設定)をする

次は常時SSL化の設定をします。

 

ロリポップ! リダイレクト設定

ユーザー専用ページのトップに戻り、「サーバーの管理・設定>ロリポップ!FTP」をクリックします。

 

ロリポップ! FTPでのリダイレクト設定

この画面になったら、設定する独自ドメインのファイル名をクリックします。

ファイル名は独自ドメイン設定の時に自分で決めた名前になっています。1つしか独自ドメインを設定していなければ「welcome.html」じゃない方をクリックすればOKです。

 

ロリポップ! FTPでのリダイレクト設定 .htaccess

次のページで「.htaccess」というファイルをクリックします。

 

ロリポップFTP 常時SSL化設定

すると、このようなファイル編集画面が表示されます。このファイルの先頭に以下のコードを挿入します。

コード

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTPS} off
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R,L] </IfModule>

.htaccessファイルは、編集に失敗するとサイトにエラーが発生する可能性があるので、必ずバックアップを取っておいて下さい。何かあった時は、そのバックアップファイルを元に復元して下さい。

 

"ロリポップFTP 常時SSL化設定

このように貼り付けられたら、下の「保存する」をクリックすればOKです。

これで「http://~」でアクセスされた時も、自動的に「https://~」のURLへ転送される、リダイレクト設定ができました。

 

WordPressでドメインを変更する

最後はWordPressで設定をします。

 

WordPress ログイン画面

WordPressのログインページにアクセスし、ユーザー名とパスワードを入力してログインしましょう。

初期設定のままだとログインURLは「http://ドメイン名/wp-admin/」です。

 

WordPress SSL設定

ログインできたら左メニューの「設定>一般」をクリックします。

 

WordPress 一般設定 SSL設定

一般設定の画面が開いたら

  1. WordPressアドレス(URL):「http://~」から「https://~」に変更する
  2. サイトアドレス(URL):「http://~」から「https://~」に変更する

どちらもURLに「s」を加えればOKです。

 

WordPress 一般設定 SSL設定

終わったら下にスクロールして「変更を保存」をクリックします。これでURLの変更設定が完了です。

 

設定が完了したら、実際に「https://ドメイン名」のURLにアクセスできるか確認します。

WordPress SSL化されているか確認

ブラウザの上の検索窓に「http://ドメイン名」のURLを入れて、検索します。

 

WordPress SSL化されている状態

このようにページの上にカギマークが付き、自動で「https://ドメイン名」のURLに変わっていれば、常時SSL化の設定が成功しています。

「無効なURLです」と表示されたら、少し時間をおいてから確認してみて下さい。反映されるのに時間がかかる場合があります。

 

以上で常時SSL化(リダイレクト)設定が完了です。このSSL設定が出来ていないとGoogleからの評価も下がってしまうので、最初にやっておくのがおすすめです。

 

WordPressでその他の初期設定はWordPressインストール後にやるべき初期設定を参考にしてみて下さい。

タイトルとURLをコピーしました