【mixhostの場合】WordPressで403エラーが出た時の解決方法

403エラーイメージ WordPressの使い方

WordPressをいじっていたら「403エラー」って出てきたけど、どうすればいいの?

WordPressでプロフィールを設定しようとしたら「403エラー(Forbidden)」が表示されてプロフィールを変更出来ない…というトラブルで結構苦戦しました。

解決できたので、その時の手順を書いておきたいと思います。

 

スポンサーリンク

プロフィールが更新出来ない

WordPressで「ユーザー>あなたのプロフィール」からプロフィールを変更し、「プロフィールを更新」を押すと403エラーが表示されてしまいました。どうやってもプロフィールが更新出来ません。

 

ですが、簡単な設定で解決されました!

※このページは私が使っているMixHostでの設定方法になります。レンタルサーバーにより、エラーが出たりでなかったりしたり、出る場面が違ったりするようです。

 

403エラーが出る理由

エラー原因はいいから、早く解決方法が知りたい!という方はこの項目をすっ飛ばして次に進んでOKです!

403エラーとは何か?を調べてみたら以下のように書いてありました。

あなたがアクセスしたページはインターネット上に存在はするが閲覧することが許可されていません。という意味です。

403エラー(Forbidden)が出る場合の原因と対処方法より引用

エラーにも種類がありますが、これは「ページはあるけど、セキュリティ的に見れないよ!」ということみたいですね。

これが表示されるのは、レンタルサーバーMixHostの「WAF機能」というのが原因のようです。

 

ちなみに「WAF」とは、調べてみたら以下のように書いてあります。

WAF(ワフ)はWeb Application Firewallの略で、Webアプリケーションのぜい弱性を悪用した攻撃からWebサイトを保護するセキュリティ対策です。Webサーバーの前段に設置して通信を解析・検査し、こうした攻撃からWebサイトを保護し、不正ログインを防ぐ役割で用いられます。

WAFとは?|SiteGuard|キヤノンITソリューションズより引用

これを読んでみて「レンタルサーバーのセキュリティ機能が働いていることが原因」らしいと理解しました。

 

なのでレンタルサーバーのWAF機能をオフにしたら、403エラーが表示されなくなりました!そのWAF機能をオフにする方法を紹介します。

 

mixhostでWAF機能をオフにする方法

 

cPnanel ログイン画面ログイン画面

まずMixHostの「cPanel」にログインします。

cPanelへのログインURLは、mixhostから届いている「【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールに記載されています。cPanelのユーザー名・パスワードも同じメールに載っているので、合わせて確認しましょう。

MixHost コントロールパネル

 

②少し画面をスクロールして「セキュリティ」の中にある「ModSecurityをクリックします。(このModSecurity=WAFです。)

MixHost ModSecurityの設定

 

③「個々のドメイン構成」でエラーになるドメインのステータスを「オフ」にします。これで403エラーは解決されます。(反映されるまでに時間がかかることもあるようです。)

WordPressに戻り「プロフィールを更新」することができました。

 

MixHost ModSecurityの設定

ModSecurityをオフにしたままだとセキュリティ対策もオフ状態なので、プロフィールの設定が完了したら「オン」に戻しておくのがいいかと思います。

設定はたったこれだけなのですが、原因がわからず解決するのに結構苦戦してしまいました…。

同じことでお困りの方の参考になれば幸いです。
タイトルとURLをコピーしました