Mixhostでサイトを常時SSL化(リダイレクト設定)する方法

Mixhostでサイトを常時SSL化(リダイレクト設定)する方法 WordPressの始め方
ミックスホストで作ったワードプレスサイトを、常時SSL化する方法を知りたい!

という人のために、Mixhostでリダイレクト設定(常時SSL化)する設定を紹介します。

SSL化とは、簡単にいうとURLの先頭を「http://」から「https://」にして、インターネット上での通信データを暗号化してやりとりすることです。

WordPressを始めたら一番最初にやっておきましょう。

 

スポンサーリンク

SSL化について

SSL化とは

SSL化されhttps://から始まるサイト

SSL化(=独自SSL設定)とは、簡単にいうとURLの先頭を「http://→https://」にして、パソコンとサーバ間での通信データを暗号化してやりとりすることです。

 

WordPress SSL化されていない状態

SSL設定をしていないサイトのURLは「http://」となり、Googleから「保護されていない通信」というメッセージが表示されてしまいます。

セキュリティとしても、今やサイトを運営するなら必須です。

ちなみにMixhostでは、ドメインを追加すると自動で独自SSL設定をしてくれます。この設定ができていると「https://~」始まるURLでサイトにアクセスできるようになります。

 

常時SSL化とは

常時SSL化とは、サイト全体をSSL化させることです。

SSL化しただけだと「http://~」でアクセスされたら「http://~」でサイトが表示されてしまう状態です。

なので、「http://~」でアクセスされた時も、自動的に「https://~」のURLへ転送されるようにリダイレクト設定をすることで常時SSL化できます。

今回はこの「リダイレクト設定」をしていきます。

 

SSL化されているか確認する方法

Mixhostでは、ドメインを追加すると自動でSSL化されます

「https://サイトのドメイン」でアクセスし、URLの横に鍵マークが表示されていればSSL化されています。↓一応確認しておきましょう。

リダイレクト設定の確認

サイトがSSL化されていることが確認できたら、リダイレクト設定をしてきます。

 

常時SSL化(リダイレクト設定)する方法

常時SSL化する方法は2つあります。

  1. プラグインを使用する方法
  2. .htaccessを編集する方法

①のプラグインを使用する方法の方が簡単に設定できます。初心者には①の方がおすすめです。

②の方法だと、プラグインを使用せずに常時SSL化できます。プラグインをたくさん入れたくない人におすすめです。

 

プラグインを使用する方法

WordPress プラグイン 追加

ワードプレスの管理画面にログインしたら、左メニューの「プラグイン>新規追加」をクリックします。

 

ワードプレス Really Simple SSLのインストール

右上の検索ボックスに「Really Simple SSL」と入力すると、その名前のプラグインが表示されるので「今すぐインストール」をクリックします。

 

ワードプレス Really Simple SSLの有効化

インストールが完了するとボタンが「有効化」に変わるので、これをクリックします。

 

ワードプレス Really Simple SSLの有効化

この画面が開いたら「はい、SSLを有効化します」をクリックします。これで常時SSL化の設定が完了です

リダイレクトできているか確認する」の項目に進んで確認してみて下さい。

設定が完了すると強制的にログアウトされますが、もう一度ログインし直せば大丈夫です。

 

 

.htaccessを編集する方法

こちらは「.htaccess」を編集する方法です。プラグインで設定した人は、こちらは行わなくて大丈夫です。

cPnanel ログイン画面ログイン画面

まずはMixhostの「コントロールパネル(cPanel)」にログインします。

cPanelへのログインURL・ログインIDなどは、mixhostから届いている「【mixhost】 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールに記載されています。

 

メールが見つからない・URLがわかならない場合は以下の方法からもログインできます。

mixhostの管理画面からcPanelにログインする方法mixhost ログインMixHostのトップページにアクセスし、右上の「マイページ」をクリックします。

 

mixhost ログイン

メールアドレス・パスワードを入力してログインします。

 

mixhost マイページ

ログインできたら「サービス」と書いてあるところをクリックします。

 

mixhost cPanelログイン

契約中のサーバーアカウントが表示されるので、今回設定するアカウントをクリックします。

 

mixhost cPanelログイン

すると、そのアカウントの設定ページが開きます。左メニューに「cPanelにログイン」があるので、こちらをクリックするとログイン画面が開きます。

 

ミックスホスト cPanel ファイルマネージャー

cPanelにログインできたら、ファイルの項目の中にある「ファイルマネージャー」をクリックします。

 

ミックスホスト .htaccessファイル

ファイルマネージャーが開いたら「public_html」をダブルクリックします。(文字の上でをクリックすると名前の編集になってしまうので、アイコンの上をクリックします。)

 

ミックスホスト .htaccessファイルの表示

常時SSL化設定する「ドメイン名のファイル」をダブルクリックします。(こちらも文字の上でをクリックすると名前の編集になってしまうので、アイコンの上をクリック。)

 

ミックスホスト .htaccessファイルの表示

「ドメイン名のファイル」を開いたら、ページ右上の「設定」をクリックすると、基本設定画面が開きます。

  1. 次の項目のドキュメントルート:今回設定するドメイン名を選択
  2. 非表示のファイルの表示(dotfiles)にチェックを入れる
  3. 「Save」をクリックする

と進めます。

 

ミックスホスト .htaccessファイルの編集

すると先ほどはなかった「.htaccess」が表示されるので、右クリックをして「Edit」をクリックします。

 

ミックスホスト 常時SSL化設定

この画面はそのまま「Edit」をクリックします。

 

ミックスホスト FTP常時SSL化設定

すると.htaccessを編集できるようになるので、ここで一番先頭に以下のコードをコピーして挿入します。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTPS} !=on [NC]
RewriteRule ^(.*)$ https://%{HTTP_HOST}%{REQUEST_URI} [R=301,L]
</IfModule>

コピぺできたら、右上の「変更を保存」をクリックします。

これでリダイレクト設定の完了です。

 

リダイレクトできているか確認する方法

設定が完了したら、リダイレクト設定ができているか実際に確認してみます。

 

リダイレクト設定の確認

ブラウザの上の検索窓に「http://」を付けた自分のドメインを入れて「Enter」を押します。

 

リダイレクト設定の確認

すると自動で「https://」から始まるページが表示されるはずです。このように表示されれば、常時SSL化の設定ができています。

以上で常時SSL化の設定が完了です。

 

SSL化以外のWordPress初期設定はWordPressインストール後にやるべき初期設定で紹介しています。

タイトルとURLをコピーしました