どう使い分ける?WordPressのカテゴリーとタグの使い方

カテゴリーとタグの使い方WordPressの使い方
ワードプレスで記事を作る時、カテゴリーとタグってどう使い分けたらいいんだろう?

WordPressで記事が増えてくると、「カテゴリー」と「タグ」の使い方について迷う時が思います。この記事ではそんな人向けに、この2つの使い方を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

カテゴリーとタグの違い

カテゴリータグ
意味記事を分類するのに使用記事のキーワードに使用
階層構造階層構造にできる(大カテゴリー>中カテゴリー…という感じ)階層構造にできない
使用回数1つの記事に1つが基本1つの記事に複数設定していい(3つくらいまでがいい)

という感じです。

  • カテゴリー=グループ分け
  • タグ=キーワードで関連付け

というイメージで使用します。以下でそれぞれを詳しく解説します。

 

カテゴリーの特徴

記事内でのカテゴリー

記事の分類を大まかに整理し、読者がたくさんある中から知りたいものを見つけやすくなるために使うのがカテゴリーです。

 

階層構造にできる

カテゴリーは、ページの上部に階層状にして表示しているサイトが多いですが、読者はこれを見ることで、サイトの中で今どのページにいるのかサイト内のどこにいるかがわかりやすくなります

「大カテゴリー>中カテゴリー…」と細分化できるのがカテゴリーの特徴ですが、階層が深すぎても逆にわかりにくくなるので、2階層までがいいとされています。(中カテゴリーまで。)

 

1つの記事に1つが基本

1つの記事に、大カテゴリーを2つ使うのはNGです。(大カテゴリー1つ、中カテゴリー1つはOK。)複数カテゴリーを付けても、Googleの検索エンジンは1つしか認識してくれません。

また、カテゴリーにそのサイトで狙っているキーワードを入れることは、SEOにも効果的とされています。

なのでキーワードを含めたわかりやすいカテゴリー分類をすることで、読者だけでなく検索エンジンもサイトの構造を理解しやすくなります。

 

タグの特徴

記事内でのタグ

記事内で使われているキーワードに使用するのがタグです。

1つの記事に複数設定できる

カテゴリーは1つの記事に1つが基本ですが、タグは複数設置してもOKです。多すぎると逆にわかりずらくなってしまうので、3つくらいまで重要なキーワードに使うのがいいです。

タグを付ける時の注意点は、カテゴリーと同じ名前のタグを使わないことです。同じだとカテゴリーと読者も混乱してしまいます。

 

関連記事を見つけやすい

カテゴリーは階層状で「縦移動」で記事を探すことができるのに対し、タグは「横移動」して探せます。

「切り口」を変えて探すことができるので、読者がもっと読みたいなと思う記事を見つけやすくなります。

といっても、なんだかわかりずらいので次の項目で実際の例を紹介します。

 

カテゴリーとタグの使用例

説明文だとわかりずらいので、実際に使われている記事を見てみます。

 

カテゴリーとタグの例

サラダにすると美味しい!「さつまいもサラダ」のレシピより引用

↑この画像は、たくさんのジャンルがあるキュレーションサイトの中で「さつまいもサラダのレシピ」の記事があった場合です。

  • カテゴリー:「レシピ」
  • タグ:「さつまいも」「レシピ」「サラダ」「簡単レシピ」「秋レシピ」

となっています。(これは大きなキュレーションサイトで大量の記事があるので、タグを5つ使っています。)

この記事のカテゴリーとタグを見ると、大まかに「レシピ」に分類されていることを把握することができつつ、

もっと「さつまいも」関連の記事がみたいなあ。

と思った人は「さつまいも」のタグから別の記事を探すことができますし、

「さつまいも」関連じゃなくて、「サラダ」関連の記事がみたいなあ。

と思ったら「サラダ」のタグから別の記事を探すことができます。こんなイメージで「タグ」と「カテゴリー」の使い分けられるといいです。

例のサイトは大きすぎるので、自分が目指している形に近いブログやサイトを見て参考にするのもおすすめです。

 

以上が「タグ」と「カテゴリー」の使い分けです。

記事が少ないうちは、そこまで細かくカテゴリーとタグを使わなくていいと思います。

  1. まずは大きくカテゴリー分類をしておく
  2. 記事が増えてきたらタグを使って関連付けていく

という感じで使いこなせれば良いですね。

タイトルとURLをコピーしました